+81-03-5533-8918
当前位置:首页 > 了解日本 > 日本美食 > 生鱼片

生鱼片

发布时间:2019-12-4   责任编辑:华夏神镖   信息来源:互联网
   刺身也称为鱼脍、鱼生、生鱼片,指将新鲜的鱼、贝类生切成片,蘸调味料直接食用的简单菜品。一般在关东地区常用“お刺身”这词,而在关西地区常用“お作り”这词。关东地区的人们对于像金枪鱼这种的红肉的鱼类比较喜爱,而关西地区的人们则更倾向于鲷鱼等白肉的鱼类。由于日本是个西面被海包围的岛国,所以可以很容易的得到新鲜的鱼类等海洋资源,也正是因为如此刺身文化得以发展。除此之外,也有鸡、牛、马等新鲜的肉类也被制作成刺身来食用。

  刺身这一词的由来是因为,原来人们把各种各样的鱼,无论是白肉类鱼还是红肉类鱼都一起盛放,而为了区分鱼的种类,会把鱼鳍刺在鱼肉上。渐渐地这种习惯在慢慢消失,而“刺身”这一词就因此流传了下来。

  而人们用“刺身”而非“切り身”这一词,是因为武士时代对于平凡的运用“切”这个字是非常反感的。同样的对于关西地区的人们,他们认为“刺身”有“身体被刺”的意思,所以就一直延用“お作り”一词。


竹筴鱼

甜虾

扇贝

生鱼片


生鱼片


  刺身は、新鮮な魚の切り身を生で食べるシンプルな料理です。一般的に関東地方では「お刺身」関西地方では「お作り」と言われ、関東地方ではマグロなどの赤身の魚が好まれ、関西地方では鯛などの白身の魚が好まれる傾向があります。四方を海に囲まれた島国の日本だからこそ、新鮮な魚が手に入りやすく、刺身の文化が発達したと考えられます。鳥や牛?馬などの新鮮な肉を刺身として食する場合もあります。

  刺身という言葉は、もともと赤身白身問わず様々な種類の魚の切り身を皿に盛り付ける際に、魚の種類を区別しやすくするため、その魚のヒレを切り身に刺して出した事から由来しています。次第に本来のヒレを刺す風習がなくなり「刺身」という名前だけが今に残ったと言われています。

  また「刺身」の事を「切り身」と言わないのは、武家時代に「切る」という言葉が人を「切る」に繋がるという事で忌み嫌われていた事に由来しています。更に「刺身」という名前も「身を刺す」に通じ縁起が悪いとされ、関西地方では「お作り」と呼ばれるようになりました。