+81-03-5533-8918
当前位置:首页 > 了解日本 > 景区景点 > 识名园

识名园

发布时间:2019-12-16   责任编辑:华夏神镖   信息来源:互联网
      识名园概要:  
  琉球国最大的王家后花园,供国王一家修养和接待中国皇帝派来的册封使使用。建于18世纪末,以环绕池塘欣赏变换的景色为目的修建而成的,属于「回游式庭院」。识名园毁于冲绳战火,从1975年开始,经过20年的整修及复原昔日的风姿得以了重现。2000年登录为世界文化遗产。
  识名园以心字池为中心,四周建有琉球风貌的府邸、假山、花园等。
  池上建有大大小小的拱桥,在漂浮的小岛上建有中国式的六角堂,可以充分感受到当年中国的影响力。漫游在池塘四周,欣赏四季变换的风景,惬意而满足。









  識名園では:  
  琉球王家最大の別邸で、国王一家の保養や中国皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)の接待などに利用されました。18世紀の終わりごろに造営され、池の廻りを歩きながら景色の移り変わりを楽しむことを目的とした「廻遊式庭園(かいゆうしき庭園)」となっています。沖縄戦で壊滅的な被害を受けましたが、1975年から20年にわたる整備工事で今日の姿に復元されました。2000年に世界文化遺産に登録されました。
  「心」の字をくずした池の形(心字池)を中心に、琉球風御殿や、築山、花園などが築かれています。
  池には大小のアーチ橋がかかり、池に浮かぶ小島には中国風の六角堂が建てられるなど中国の影響を見ることもできます。池の周りを回遊しながら四季折々の風景を楽しんでみてはいかがでしょうか。